酷い脇汗への対処はウェットティッシュの利用が便利

これから本格的な蒸し暑い夏の到来。わきが持ちの私にとっても辛いシーズンがまたやって来てしまいました。
経済的に余裕が無い私ですから、もちろん美容クリニックでレーザー手術、といった贅沢が出来る訳もありません。だからと言ってただ諦めるだけで何も対策を取らずにいると、更に辛い日々が待っているだけ。ここはストレスにならない程度の対策を取ってひたすら凌ぐというのがいつものパターンとなっています。
色々と試した結果、やはり人並み以上に脇のケアを回数多くこなすのがベストという結論に達しました。外出時に消臭性の脇パッドを仕込み一日過ごすという方法もやってみたのですが、汗の量が多くて思ったより効果が少なく、また帰宅後の処理も大変という事で諦めざるを得なかったのです。
具体的にはきつい成分でないウェットティッシュを常備しておき、汗を感じる度に脇に当て拭き取るという地味な方法が最も効果的だったのです。
最近のウェットティッシュは肌当りの良い生地で作られている事が多く、デリケートな脇を拭き取る程度なら全く問題はありません。またウェットティッシュの持つアルコール成分が脇に清涼感をもたらす他、脇の温度をある程度下げてくれるおかげで強烈な脇汗の発生を若干ですが防いでくれる効果もあるのです。

わきがなんて言わせない!!

学生時代に運動部に所属していた私は真っ白なTシャツの脇が一人だけ黄ばんでいくことが恥ずかしくて、でもなぜだか当時は分からず母親に相談したことを今でも鮮明に覚えています。母親に相談すると「あらやだ、お母さんのわきがが遺伝しちゃったのかしら・・・」と一言。遺伝と聞いてショックを隠し切れず当時は汗をかくことが苦痛で周りの目・反応ばかりを気にしていました。しかし、運動部に所属しているぐらい運動も好きだったので動きを制限するというよりは、制汗剤をひたすら使っていました。そんな中、友だちに「制汗剤を使いすぎると反対にわきがが悪化する」という話を聞き改善方法が見つからず手術も考えるほど、途方にくれていました。
年頃であったこともあり、“アポクリン汗腺は生まれつき決まっている”“遺伝だからしょうがない”とわりきれるわけもなく・・・
そんな時、たまたま立ち寄ったドラックストアーで“デオナチュレ ソフトストーンEX”という商品に出逢いました。
使い方はとても簡単で、入浴後にわきに塗るだけ!!これだけでどんなに汗をかいてもわきが独特の強烈な匂いが90パーセント程軽減(私個人の感想ではありますが)できるのです!わきがは遺伝することは事実ですが未来は明るいはずです!

ワキガに悩む人へ、原因とおすすめの対策

暑くなってくると“ワキガ”気になりますよね。
そもそもなぜ脇の臭いはきつくなってしまうのかご存知ですか?

脇にかく汗はアポクリン線というところから出ていて、体にかく汗とは成分が少し異なります。他の部分にかく汗と違って、脂やアンモニアなどが含まれているんです。この汗にバクテリアが繁殖し、臭いがきつくなってしまいます。遺伝やストレスなども関係していると言われています。

美容外科やクリニックでケアすれば確実に臭いは治まっていきますが、その前にまず、自分でできるワキガ対策してみませんか?

市販の制汗剤は値段も高くありませんし、たくさんの種類がありますから自分に合ったものが見つかると思います。おすすめしたいのはジェルタイプやクリームタイプのもの。スプレータイプのほとんどは香りがきついので、元々の汗の臭いと混じって更に嫌な臭いになることも…。ジェルやクリームなら無香料のものもたくさんありますので安心です。また肌に直接塗りこむので効果が持続しやすいのもメリットです。

あとは食生活が影響している可能性もあります。
にんにくなどの香りの強いもの、お肉や乳製品など動物性の脂質を多く含むもの、アルコールなど、これらは汗の臭いをきつくしてしまう食べ物です。普段食べ過ぎている方は少し控えてみると、臭いが軽減できるかもしれません。

時間も費用もそんなにかかりませんから、ぜひ試してみてくださいね。

夏場が特に気になる

私は特に病院で診てもらったり、検査を受けたわけではありませんが、学生時代まではそこまで知識もなかったせいか、全く気にしてなかったのですが、社会人になってから何となく人より体臭がきついのかなとか、汗かきなのかな、と感じるようになりました。

周りに何か言われたことはないですが、年を重ねるごとに何となく体臭がきつく感じたり、多汗症なのかなと思ったりしてしまいます。

特に夏場、薄着になり汗もかきやすい時期なので、ケアはしていても外出時や、人混みなど気になって落ち着かなかったりします。
特に汗かきで、脇あせは汗染みが広範囲に広がり、目立つ色は着ないように心がけているぐらい汗の量がすごいです。

出掛ける時は、デオドラントの制汗スプレーや、スティックタイプの消臭効果のあるものを脇にぬったり、外出先のお手洗いなんかで、さらさらパウダーシートで汗と臭いをぬぐったりするときもあります。

わきがって周りには気付かれるけど、自分では自覚がなかったりと聞きますが、私の場合は自分でも認識があります。
学生時代は運動部に所属してましたが、こんなに脇汗かいてなかった気がします。
あとは、お風呂あがりの清潔な体でも、軽く脇をこすると臭ったりします。
できるだけ、周りにふかいかんを与えないよう、しっかりケアしていきたいと思います。

わきが対策の相棒は綿100%の服

わきがの悩みは毎日尽きることはありませんよね。
暑かろうが寒かろうが発生するあの臭いに何度悲しい思いをしてきたことでしょう。
10代~20代の頃は新陳代謝が活発で汗かきだったせいか、人生の中で最も強烈なわきが臭でした。

そんな私はいろんな制汗剤を試しては落ち込む日々を繰り返していました。
そんなある日、服の素材によってわきが臭の強さが変わることに気が付きました。
ポリエステルが入った服だと、汗を少しかくだけで果てしなくすごい臭いがしました。
でも、綿100%の服だと汗を少しかいただけではポリエステルの服ほど臭いませんでした。
もちろんわきが臭はしましたが、ポリエステルの服を着たときほどの強いわきが臭ではありませんでした。
制汗剤(私はロールオンが一番効きました)+汗をこまめにふき取るようにすれば、だいぶわきが臭を抑えられました。
この事実に気づいてからは、服を着るときや買う時に素材をチェックするようにしました。

ちなみに、ポリエステル以外の化学繊維もわきが臭が強くなりました。
化学繊維の割合が20%ぐらいで、残りの80%が綿素材の服であればわきが臭はそこまでひどくなりませんでした。
どうやら、綿素材の割合が100%に近い服を着ることがワキガ対策の土台となるようです。

汗・におい対策としてよく市販されている速乾性の下着は化学繊維でほとんど作られているため、私が着ると逆効果でした。
わきがじゃない人が着たら効果があるのかもしれませんが、わきがの人が速乾性の下着を着ると逆効果です。
商品に注意書きをして欲しいと思いましたが、そう書いちゃうと誰も買わなくなってしまいますかね(笑)

自分がわきがかどうかをチェックして、対策をしよう

誰でもそうだと思いますが、わきがってなかなか受け入れにくいことだと思います。わきがの臭いって結構独特なので苦手な人は本当に苦手だと思います。

しかも、困ったことにわきがって本人はほとんど気づいていないんです。自分の香りって、毎日嗅ぐものだから慣れ過ぎてしまっていて、分からないそうなんです。

ラポマイン薬局

だから、余計に厄介だと思います。そのため、わきがは自分でチェックすることが大切です。自分でチェックしてわきがの可能性があれば、気をつけることも可能だからです。まず、耳垢です。常に湿っている場合はわきがの可能性が大です。

次に全身が毛深かったりしても関係があります。あとはTシャツなどのトップスの脇をチェックしてみて、黄色いシミがある場合もです。最後に両親のどちらかがわきがだったら、確率は50%です。どちらもわきがの場合は残念ながら、ほぼ100%の確率でわきがでしょう。

これらのことがほぼ当てはまっていたら、おそらくわきがだと思います。その場合は色々対策をしましょう。特に有効的なのは、汗を小まめに拭くことです。放置していると雑菌が繁殖してしまい、これが臭いの原因となります。汗をかいたら、すぐに清潔なタオルで拭きましょう。

そして、制汗剤をまめにスプレーすることです。こうすることによって、わきがの人でも臭いをかなり抑えることが可能だと思います。