わきが対策の相棒は綿100%の服

わきがの悩みは毎日尽きることはありませんよね。
暑かろうが寒かろうが発生するあの臭いに何度悲しい思いをしてきたことでしょう。
10代~20代の頃は新陳代謝が活発で汗かきだったせいか、人生の中で最も強烈なわきが臭でした。

そんな私はいろんな制汗剤を試しては落ち込む日々を繰り返していました。
そんなある日、服の素材によってわきが臭の強さが変わることに気が付きました。
ポリエステルが入った服だと、汗を少しかくだけで果てしなくすごい臭いがしました。
でも、綿100%の服だと汗を少しかいただけではポリエステルの服ほど臭いませんでした。
もちろんわきが臭はしましたが、ポリエステルの服を着たときほどの強いわきが臭ではありませんでした。
制汗剤(私はロールオンが一番効きました)+汗をこまめにふき取るようにすれば、だいぶわきが臭を抑えられました。
この事実に気づいてからは、服を着るときや買う時に素材をチェックするようにしました。

ちなみに、ポリエステル以外の化学繊維もわきが臭が強くなりました。
化学繊維の割合が20%ぐらいで、残りの80%が綿素材の服であればわきが臭はそこまでひどくなりませんでした。
どうやら、綿素材の割合が100%に近い服を着ることがワキガ対策の土台となるようです。

汗・におい対策としてよく市販されている速乾性の下着は化学繊維でほとんど作られているため、私が着ると逆効果でした。
わきがじゃない人が着たら効果があるのかもしれませんが、わきがの人が速乾性の下着を着ると逆効果です。
商品に注意書きをして欲しいと思いましたが、そう書いちゃうと誰も買わなくなってしまいますかね(笑)

自分がわきがかどうかをチェックして、対策をしよう

誰でもそうだと思いますが、わきがってなかなか受け入れにくいことだと思います。わきがの臭いって結構独特なので苦手な人は本当に苦手だと思います。

しかも、困ったことにわきがって本人はほとんど気づいていないんです。自分の香りって、毎日嗅ぐものだから慣れ過ぎてしまっていて、分からないそうなんです。

ラポマイン薬局

だから、余計に厄介だと思います。そのため、わきがは自分でチェックすることが大切です。自分でチェックしてわきがの可能性があれば、気をつけることも可能だからです。まず、耳垢です。常に湿っている場合はわきがの可能性が大です。

次に全身が毛深かったりしても関係があります。あとはTシャツなどのトップスの脇をチェックしてみて、黄色いシミがある場合もです。最後に両親のどちらかがわきがだったら、確率は50%です。どちらもわきがの場合は残念ながら、ほぼ100%の確率でわきがでしょう。

これらのことがほぼ当てはまっていたら、おそらくわきがだと思います。その場合は色々対策をしましょう。特に有効的なのは、汗を小まめに拭くことです。放置していると雑菌が繁殖してしまい、これが臭いの原因となります。汗をかいたら、すぐに清潔なタオルで拭きましょう。

そして、制汗剤をまめにスプレーすることです。こうすることによって、わきがの人でも臭いをかなり抑えることが可能だと思います。